Profile

神吉隆

philosopy

出会って知って恋をする。 「大切に想う気持ち」は様々なカタチとなって宝物となります
もしそれが写真というものであるのなら…

相手の喜びが自分の喜びだと本気で思える気持ち。
きれい事のような言葉ですが、ウェディングフォトグラファー にはなくてはならない要素であり、それがあるからこそ大切な宝物となってずっと残るのだと信じています。

ピュアな気持ちを真直ぐ写したい。
美しいと思える気持ちをずっと持っていたい。
共感できる精神をずっと持っていたい。
委ねてもらえた感謝をずっと持っていたい。

かけがえのないものが生まれる前には、
必ず大切に思う気持ちがあるのだと思います。

さらに詳しく

ウェディングフォト&ムービー シキラマグラフィー
代表 神吉 隆
  • 撮影プラン
  • ムービープラン
  • ギャラリー
  • スタッフ

<お二人らしいものを残すという事はお二人を知るという事です>

結婚式当日スナップ撮影、エンゲージメントフォト、ロケーション撮影、全てにおいて一度会ってお打合せにてヒアリングした上で撮影します。

好きなものや価値を感じるものは人それぞれ異なります。

限られた時間の中でより価値のあるモノを残すにはお二人の思いを知らなければいけません。


結婚式当日のウェディングフォトにおいては事細かくヒアリングします。

どのような環境で育った二人がどう出会ってどんな思いで当日を迎えているか…

打合せするからこそ残すべき写真が明確に見えてくるので実はプレッシャーも半端無くのしかかるのです。

しかしプレッシャーや緊張感というのは価値のあるモノの生産するには必須な条件であり

【創り手が手に汗握って残したもの】には魂が吹き込まれ、ずっと鼓動のしたモノになるのです。


エンゲージメントフォトの撮影では二人にとって思い入れのある場所をお勧めします。

結婚式の前の日常を残すというのがテーマなので意味のある場所の方がよりおストーリー性が生まれます。

思い入れのある大切なアイテムなど持ってきて頂ければ一緒に撮影し、アルバム等にも使用する事もあります。


ロケーション撮影においては映画のワンシーンのような世界観を作る事を意識しています。

舞台を作ったその世界になじむのはなかなか難しいものです。

【二人から湧き出る感情の要素】が生まれると不思議とどんな豪華なセットでも二人の世界に仕上がるのです。


〈二人が想像する希望と仕上がってくる写真のクオリティ〉

ウェディングフォトでこんな雰囲気がいい!実はこんなのが好き!

というものは必ずあるはず。お二人の頭の中のイメージを超えるものをカタチにする。

それはテクニカル的な部分とコミュニケーション的な部分が両立していないと作れません。

日々様々な模索と実験のもと新たな世界を作り出すワークショップを定期的にスタッフ内で実践しています。

そこで見いだした技術や発見が新たな商品展開に繁栄されています。

安定したクオリティの高い上質な商品を届ける為には奥深い裏付け必要なのです。

今後の商品展開も楽しみにしていて欲しいと思っています。


おしゃれな写真、かっこいい写真、やさしい写真、情熱的な写真、

様々な写真の中に「その人らしさ」といったオリジナル性を見いだすスタンスなので

必ず二人の世界の写真に仕上がります。

同じ場所で撮っても違う写真になり二人の世界の写真が生まれるのです。


シキラマグラフィーの写真の仕上がりをどうぞ楽しみにしていて下さい。

Stock Photo


  • シキラマグラフィー ピンタレスト
  • シキラマグラフィー FaceBook
  • シキラマグラフィー Instagram
  • シキラマグラフィー Twitter
  • シキラマグラフィー google+